2005年07月06日

冷静と情熱のあいだ


B0000A4HTI.09._PE_SCMZZZZZZZ_.jpg
ちょっと前の記事で「冷静と情熱のあいだ」に触れたので記事を書こうと思います。私はこの映画を見て、順正とあおいの関係には切なくなりました。私は基本はしっかりと仕事をするのですが、自分の事になるとちょっと適当な所があるので周りからは「いい加減だなぁ〜」と思われている事があったりすると思います。が、1度約束をすれば必ず義務を果たさなければ気が済みません。大人になるにつれて世間体とか社交辞令とかで適当に話を合わすことが多くなりがちですが、こういうものに対しても約束として信じていたい純粋な自分がいます。この映画で「あおいの30歳の誕生日にフィレンツェのドゥオモのクーポラで待ち合わせる」という10年前の他愛もない約束。あおいは忘れてしまっていると思っていても、一縛のはかない望みに託して日本に帰国していた順正が再びイタリアへ旅立つ姿には胸が熱くなりました。そして、約束の場所で、守られることはないであろうと思っていた約束が果たされた時には、目頭が熱くなりました。私の中で純愛といえばこの作品を挙げたいと思います。エンヤが唄う主題歌「ワイルド・チャイルド」もかなりグッと来るものがありました。
昨今、純愛ブームが続いていますが、この手の映画が好きな人には是非、お勧めしたい作品です。

オフィシャルサイト
http://www.excite.co.jp/event/jyonetsu/

posted by ヒロ at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4877615

冷静と情熱のあいだ
Excerpt:  美術絵画の修復士を志す阿形 順正(竹野内)は、フィレンツェの工房で修復の修行に明け暮れ、その才能を開花させようとしていました。そばには活発で少々気の強い芽実(篠原)という恋人が見守り、人生は順調その..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2005-07-09 14:58
商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』 "もっと"簡単ショッピング Store-mix.com

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。