2007年01月22日

「あるある大辞典」代替番組は視聴率は9.7%

関西テレビ制作のテレビ番組「発掘!あるある大事典2」で、データやコメントが捏造されていた問題で、同テレビが冒頭でおわび放送をした21日午後9時から54分間の同番組枠の平均視聴率は、ビデオリサーチの調べで関西地区が11.1%、関東地区が9.7%だった。最高視聴率は、冒頭5分間の「おわび」前後で、関西地区が14.5%、関東地区で13.7%。

データを捏造した制作会社が一番悪いのは確かだが、マスコミに踊らされ過ぎでしょう。番組で紹介した食品が翌日スーパーなどの店頭から無くなるほど買い漁る消費者というのはどうなのだろうか。納豆自体、体に良い事には変わりないんだし、興味がなかった人もこの機会に試してみてはいかがかな?どうせ1ヶ月もすれば違うダイエット食品が紹介されるんだろうし。

posted by ヒロ at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・CM関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/31898163
商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』 "もっと"簡単ショッピング Store-mix.com

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。