2006年06月22日

オランダ アルゼンチンと0−0のドロー

第2戦を終えた段階でベスト16入りが決定していたので両チームともメンバーを大きく落としてきた。あまり期待できない試合だったがやはり内容は乏しいものだった。


試合開始早々、ファン・ニステルローイがくさびとなってボールを落としスナイデルがシュートを放ったが、前半15分を過ぎるとアルゼンチンが積極的なプレスを仕掛け始め、カウンター気味の攻撃を交えながら試合のペースを握った。特にテベス、メッシは素晴らしい出来でオランダDF陣は翻弄されていた。

逆にオランダ攻撃陣の要、ファン・デル・ファールトは必死になって試合勘を取り戻そうと頑張っていたがまだまだフィットしていない。 
終盤、オランダは全体を押し上げてより攻撃的に戦ったが、シュートはミドルレンジのものばかりでゴールを予感させるものはなかった。結局、試合はこのまま0−0で終了となった。

この結果、グループC組で2位となり決勝トーナメント1回戦の相手はポルトガルに決定。ポルトガルとは相性があまり良くないので出来ればメキシコが良かったが、休日が1日増えたのは大きい。今大会、絶好調のポルトガルとの対戦は非常に楽しみだが、ポルトガルも好きなチームなんでちょっと残念ですね。

posted by ヒロ at 23:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー(オランダ)
この記事へのコメント
こんばんわ^^最近よくサッカー記事にコメントしているひとみです。笑
ドローだったんですか!?
残念ですね↓↓個人的には点が入る試合の方が好きなんで。

あ、そういえばオランダって強いんですね!
昨日テレビのW杯特集みたいなやつ見てて気づきましたw
サッカー全然分からないんですよね、好きなんですけど…。
Posted by ひとみ at 2006年06月25日 23:48
コメントありがとう。
残念ながらオランダは敗退してしまいました。
ひとみが好きなように本来ならもっと点が入る
チームなんですが、エース、ファン・ニステルローイの
調子が最後まで上がらなかったです。
結局、ポルトガル戦ではスタメン外されてしまいましたね。
悔いの残る試合でしたが、勝ったポルトガルには
是非頑張ってもらいたいですよ。
Posted by ヒロ at 2006年06月27日 13:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19688048
商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』 "もっと"簡単ショッピング Store-mix.com

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。