2006年06月16日

ドイツW杯グループリーグ感想(E〜H)

グループE

アメリカ 0-3 チェコ
イタリア 2-0 ガーナ

C組同様このグループも激戦が予想されたが、チェコがアメリカを圧倒。イタリアも順当に勝ち点3をGET。このままチェコ、イタリアが予選突破か。しかし、2位通過だと決勝トーナメント1回戦でブラジルとあたる可能性が高い。どちらが勝ちあがっても屈指の好カードが実現することは間違いない。

グループF

オーストラリア 3-1 日本
ブラジル 1-0 クロアチア

誤審があったが、結局は決定力のなさが響いて敗北した日本。順当な結果でしょう。

ブラジルは勝つには勝ったらロナウドは全く動けていなかった。私生活の乱れが主な原因だと思うが自己管理ができないようなら出場する価値なし。今度はめまい(受診結果は問題なし)がしたとか言ってたが何をやってるのだろうか。

グループG
フランス 0-0 スイス
韓国 2-1 トーゴ

フランス対スイスは両チームともに決定機はあったが無得点でドロー。フランスは前回大会から4戦連続無得点。第2戦は大会屈指のストライカー、アンリの爆発が見られるか?

報奨金の未払い問題で揺れるトーゴは先制点を守りきれず逆転負け。今後、チーム内の分裂は必至でこのまま本来の力を発揮できず敗退してしまう可能性は高い。

グループH

スペイン 4-0 ウクライナ
チュニジア 2-2 サウジアラビア

スペイン対ウクライナは予想以上に大差が開いてしまった。このグループはこの2チームが勝ちあがってくると思ったがウクライナは結構厳しい状況に追い込まれた。

チュニジアはロスタイムに同点に追いつき勢いに乗る。他のアフリカ勢が元気のない中、唯一W杯を経験しているチュニジアが決勝トーナメントにコマを進めることができるだろうか。

posted by ヒロ at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ワールドカップ(英字新聞)〜ジーコ誤審に怒る!!
Excerpt: ワールドカップ[:サッカーボール:]、日本vsオーストラリアで、気になる記事を見つけたので、今回はこれで英語を勉強しようかと思います[:サッカー:]。 World-Japan coach Zic..
Weblog: 英語の本を原書で読みたい!
Tracked: 2006-06-16 22:51
商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』 "もっと"簡単ショッピング Store-mix.com

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。