2006年06月13日

日本VSオーストラリア戦視聴率

サッカーW杯ドイツ大会の日本−オーストラリア戦の生中継(NHK総合、12日午後9時50分〜)の平均視聴率が、関東地区で49.0%、関西地区で44.3%だったことが13日、ビデオリサーチの調べで分かった。
ビデオリサーチやNHKによると、関東の視聴率は試合開始時は46%強だったが、後半が始まった時点で55%台に上昇。瞬間最高視聴率は、後半でオーストラリアに同点にされる前の61.2%で、試合終了まで60%を超えたという。関西地区の瞬間最高視聴率は57.9%。

NHKは「帰宅後、応援しやすい時間帯だったことなどが高視聴率につながった」とコメントしていたが、個人的にはもう少しいくかと思いましたけどね。事前調査ではW杯に関心ありが6割って話だったんで。6月18日のクロアチア戦は日曜日午後10時からなのでテレ朝が掲げた目標視聴率67%にどこまで近づくことができるかこちらも注目です。



posted by ヒロ at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

サッカー情報倶楽部
Excerpt: ドイツW杯の情報が盛りだくさんです。是非、一度、遊びに来てください。
Weblog: サッカー情報倶楽部
Tracked: 2006-06-22 09:41
商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』 "もっと"簡単ショッピング Store-mix.com

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。