2006年06月12日

ドイツW杯グループリーグ感想(A〜D)

グループA

ドイツ 4-2 コスタリカ
ポーランド 0-2 エクアドル

ドイツは開幕戦というプレッシャーの中、コスタリカに4−2で勝利。しかしながらカウンター攻撃で2失点とはDF陣の建て直しが急務。
また、前評判は高くないが個人的な予想ではエクアドルを押していたのでこの結果には満足です。

グループB

イングランド 1-0 パラグライ
スウェーデン 0-0 トリニダード・トバゴ

優勝候補イングランド、ベッカムのFKから相手DFのオウンゴールを誘い、なんとか逃げ切った。暑さのため、ほとんどの選手の足が止まっていたが次戦は大丈夫だろうか?
スウェーデンは1人少なくなったトリニダード・トバゴ相手に怒涛の攻めを見せながらも最後までゴールを奪えず、初出場のトリニダード・トバゴと引き分けた。

グループC

アルゼンチン 2-1 コートジボワール
オランダ 1-0 セルビア・モンテネグロ

今大会ダークホースのコートジボワール。この試合もしかすると番狂わせが起きるのではないか?と思ったがアルゼンチンのクレスポ、サビオラがFWの役目をきっちり果たした。対するコートジボワールもドログバが1点を返しエースの意地を見せた。やはりこの組は見応えあります。この組で2チームが敗退してしまうのは非常に残念ですね。

オランダVSセルビア・モンテネグロの感想はこちら
オランダ セルビア・モンテネグロに1−0で勝利!

グループD

メキシコ 3-1 イラン
ポルトガル 1-0 アンゴラ

イランも健闘したがやはり世界の壁は厚い。当てにならないがFIFAランク4位メキシコの実力は伊達じゃない。
ポルトガルも初出場のアンゴラに幾度かゴールを脅かされたが無失点に抑え好発進。今大会が最後のW杯となるフィーゴが有終の美を飾れることができるか。






posted by ヒロ at 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19167746
商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』 "もっと"簡単ショッピング Store-mix.com

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。