2006年05月27日

オランダ カメルーンに1−0で勝利

オランダ代表は27日、W杯グループリーグ第2戦で当たるコートジボアールを想定し、カメルーンと親善試合を行った。
試合は1点差で勝利を収めたが内容は精彩を欠いた。前半23分、オランダはファン・ニステルローイのゴールで先制。その後もシュナイダーがミドルシュートを放つなど前半は攻守にわたって狙いどおりのサッカーを展開し、何度か得点機を作ったが結局ゴールは奪えず。後半は動きが落ち本来のパフォーマンスを発揮できなかった。雨も降っていたし、どれくらいの仕上がりかはわからないが、やや不安を残す結果だ。
6月1日メキシコ戦、6月4日オーストラリア戦とのテストマッチできっちり修正し、本大会に臨んでもらいたい。

posted by ヒロ at 01:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー(オランダ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/18530933

各国 親善試合
Excerpt: 週末、結構な国が親善試合を行いました〜。その結果を綴っています。
Weblog: toshio10
Tracked: 2006-05-29 11:35
商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』 "もっと"簡単ショッピング Store-mix.com

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。