2006年02月22日

女子フィギュアは11.1%

NHK総合テレビが22日早朝に生中継したトリノ冬季五輪フィギュアスケート女子ショートプログラムの平均視聴率は、午前4時半から5時までの30分間で、関東、関西両地区とも11.1%だったことが、ビデオリサーチの調べで分かった。
同時間帯は「NHKニュースおはよう日本」の番組枠。五輪開幕前の視聴率は1%台で、今回は異例の高視聴率となった。が、日本代表3選手の中で最初に滑走した安藤美姫が登場したのは午前5時3分だった。ビデオリサーチの集計システムの都合上、午前5時以降の視聴率は23日に判明するが、さらに高い数字が出るのは間違いないだろう。明日の結果が楽しみですね。

posted by ヒロ at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・CM関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13621643
商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』 "もっと"簡単ショッピング Store-mix.com

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。