2006年02月12日

小女子十二楽坊 3月デビュー

女子十二楽坊の妹分、小女子十二楽坊が日本に初上陸し、11日に東京・原宿と銀座で無料ライブを行い、キュートな笑顔を振りまきながら演奏した。
彼女たちは女子十二楽坊を手掛けたプロデューサー、王暁京によって見出され、中国を代表する音楽学校に在籍する平均年齢16歳の学生で、演奏の腕前とルックスを加味して選抜された。すでに3月8日にDVD付きCDアルバム「J12小女子十二楽坊」で日本デビューが決定している。先輩の女子十二楽坊のデビューアルバム 「女子十二楽坊〜Beautiful Energy〜」 は200万枚だったが、どこまで迫ることができるだろうか。
posted by ヒロ at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

堀北真希 ポルトガルで最新写真集を撮影

homaki.jpg堀北真希(17)が、最新写真集の撮影をポルトガルで行った。歴史情緒あふれるリスボンの町をバックに、民族衣装姿や現地の制服を着たショットも撮影。プライベートも含めこれが初海外で「ポルトガルの人たちはとてもおおらかで、私のたどたどしい言葉にもきちんと答えてくれたのがとてもうれしかった」と満喫。写真集は3月発売予定でタイトル未定。
posted by ヒロ at 03:39 | Comment(0) | TrackBack(4) | アイドル・女優

白夜行 第5話

雪穂は、篠塚に心を惹かれていた。ところが親友だったはずの江利子が篠塚と付き合い始めたと分り、嫉妬をしはじめる。

この場面は篠塚を取られたことから殺意を抱いたのかと思ったら、育ってきた環境も恨んでいたとはね。始めは応援しようとしてたみたいだけど、純真な江利子がだんだんと許せなくなってきたんだろうね。女性の嫉妬は怖いです。でも、江利子役の大塚ちひろは前に何かのドラマで見たけど“普段はイケてないけど本当は美人でした”という役はばっちり決まるね。雪穂の睨み付ける顔が気持ち悪かっただけに際立ちました。綾瀬はるかファンの人ごめんなさい。本当は私も好きです。

一方、亮司はゲームの裏ビジネスを始めました。先週の話では触れもしなかったのでスルーなのかと思ったけど。さすがに扱うゲームは原作とは違いましたけどね(笑)しかし、松浦を通さずに仕事をしていたことに松浦は激怒してしまう。ここから亮司と松浦の関係がギクシャクしてきました。

それぞれ違う世界で生活していた二人だけど松浦は雪穂に接触していた。過去に撮られた写真を持っていることを教えるためだった。この写真を利用して、雪穂と亮司を脅すつもりだったと思うけど、この二人が接触するとは意外でしたね。雪穂は松浦の携帯から亮司とは手を結ばないと伝えるが、これは作戦で亮司が松浦と雪穂を探しにいくように仕向ける。最終的に、亮司は雪穂の言いなりになってしまい、亮司が江利子を暴行し雪穂は篠塚と江利子を別れさせることに成功。

暴行後、亮司は罪を重ねたことを後悔し「あの電話は作戦だったのか?」と雪穂に問う。ところが、雪穂は「騙された方がバカなのよ」と言い返す。が、本心ではなく自分と距離を置くための演技だった。

まだ良心は残ってだんですね。今回、唯一救われたシーンでした。しかし、亮二との心が離れてしまいましたね。ここからどう修復するのだろうか。
posted by ヒロ at 03:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ
商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』 "もっと"簡単ショッピング Store-mix.com

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。