2006年01月14日

深田恭子写真集「深田恭子meets天使」発売!

fukada.jpg深田恭子が21日公開の主演映画「天使」と連動した写真集「深田恭子meets天使」を発売した。

写真集
深田恭子meets天使



フカキョンエンジェル降臨です(笑) ゴスロリやら天使やらここんとこコスプレ押してますね。でも、このキャラで「下妻物語」「富豪刑事」などで当たり役を得たのも事実だし、路線変更の時期がポイントですね。4月より「富豪刑事」の新シリーズがスタートするし、まだまだ大丈夫?(^_^; アハハ…
posted by ヒロ at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | アイドル・女優

白夜行 第1話

期待してましたが想像以上によかったです。第1話だけで終了してもいいくらいに堪能できました。小学生時代の雪穂と亮司の“出会い”と“別れ”、そして“殺人”を犯してしまった事実。小学生が抱えるにはあまりにも大きすぎる罪。出合って笑うことを思い出した2人が、また心の葛藤を抱え、運命を共にしながら生きていく姿は切なすぎました。


泥の中で咲く蓮の花を切り花で作ってドブ川に浮かせ雪穂に見せるシーン。

ぎこちなく初めて手をつなぐシーン。

廃ビル内で笑いながら涙を流して罪を共有するシーン。

亮司からもらって大事にしていた雪の結晶の切り絵を川に流すシーン。

最後の手紙と雪穂に追いついて駅で会話するシーン。


第1話はどれも素晴らしかったですが、上記のシーンは心を打たれました。

その中でも特に最後のシーンの台詞

“雪穂の手紙の回想”

『ドブのような毎日の中で白い花を咲かせてくれた、亮くんだから、
良いことなんて何もないと思っていた私に、笑うことを教えてくれた
亮くんだから、何よりもあの時、私を助けてくれた亮くんだから、
亮くん、、ありがとう、、、。私、あの時ほんとに嬉しかった。
生まれてきてよかった。もう十分だって、、、。 そう思った。
亮くんは、私の太陽だったよ。』


“雪穂に追いついた後の亮司の台詞”

『雪ちゃんだってドブに花咲かせてくれたじゃない!月も!
俺、雪ちゃんと出会って笑えるようになったよ。
良いことあるんだってそう思った。雪ちゃんがいてくれたこと
ありがとうって思ってるよ!雪ちゃんだって、、、雪ちゃんだって
俺の太陽なんだよ!行かないで!行かないでよ雪ちゃん!
俺、強くなるから。雪ちゃんはそんなことしないでいいように
もう、絶対うち逃げたりしない!』


この最後のシーンは互いの気持ちがストレートに現れていて、またこれからの二人の心の闇を考えるとうっすらと涙が出てきました。
これほど素晴らしいドラマは久しぶりです。原作には全く描かれてなかった二人の心のふれあいが見られただけでも大満足でした。雪穂”のイメージはばっちりでしたしね。ドラマを見た後だと、ネタバレしてるので読む気になれないかと思いますが、原作も違った視点で見れると思うのでお薦めします。
また、ドラマ第1話を見逃した人がいたら1月15日(日)15時より再放送(関東ローカルのみ)があるのでご覧ください。
でも、第1話が良すぎたから第2話から心配ですけど、、、。

白夜行関連商品
白夜行
ドラマ「白夜行」オリジナル・サウンドトラック
posted by ヒロ at 03:56 | Comment(4) | TrackBack(7) | ドラマ
商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』 "もっと"簡単ショッピング Store-mix.com

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。